ついに ソーラクッカー 活躍

手稲さと川探検隊の活動

5年くらい前に、八剣山エコケータリングのフュルスト ビアンカさんから借りたソーラクッカー、当初から学習支援団体「認定NPO法人Kacotam」の自然体験サポートの際に、太陽光エネルギーのパワーを感じるとともに災害時にも使える熱資源として知ってもらう学習ツールとしようとしてきた。

が、毎回雨や曇りで出る幕なく、手稲さと川探検隊秋の活動で一度、わずかな晴れ間にポップコーンを作ろうとしたが4個しか爆発せず、また冬のイベントでは日射しそもそも弱く、気温も超低いためかポップコーンづくりは幾度となく失敗した。

これまで数回お返ししようとビアンカさんにご連絡したが、ちゃんと使ってから返してもらえれば良いという言葉に甘えているうちにコロナ禍となり、ビアンカさんドイツに帰国!ということも経て、今年の川遊びイベントでは終日降水確率0%の晴れ模様。いよいよ真打ち(ではない)登場!

今回は折からの晴天、気温も30℃、昼食時に使ってみせる予定だったが、暑さでボケて忘れるところだったが、見事ポップコーンは弾け、ようやくビアンカさんにお返しできることに。

太陽光をこの面積集めるだけで、このパワー、素晴らしいものだね。

ビアンカさんからは特注品と聞いたが、もっと活用して良いと思う。ちょっと嵩張るので、持ち運びには余り向いていないが、自前で持っておきたいアイテムである。初めてビアンカさんを訪ねた際に、ベリーをチャチャっと収穫して鍋に入れ、ほんの数分でジャムができたのが衝撃的だった。

今回も、子ども達も驚き、これまで10回近いトライアルで初の成功を納め、めでたしめでたしであった。

この記事を書いた人

子どもの頃に友だった川や虫、心に闇が迫ったとき癒やされた森や海、そんな宝物の自然環境を子ども達に残すため、大切な仲間と繋がって、楽しく笑い学びながら活動しています。孤軍奮闘・暗中模索とも伴にありたいな。
森が好き、海辺が好き、湿地が好き、人と一緒が好き、1人も好き、焚火が好き、星空が好き、純米酒が好き。

  ===「環福連携」===
【福祉/療育/支援×環境保全利活用】
SDGs 、自然体験や自然再生、皆が関わり地球も人も元気に!
自然/植物の専門家として、
お手伝いしてます。

NPO人まち育てI&I理事長
はまひるがおネット代表
しめっちネット代表
手稲さと川探検隊局長
北海道科学大学非常勤講師
落語~湿原亭元五郎
技術士(建設部門、建設環境)
森林セルフケア・コーディネーター
札幌市環境教育リーダー

鈴木 玲をフォローする
手稲さと川探検隊の活動自然体験活動
鈴木 玲をフォローする
身近な自然と人と、ゆったりと

コメント

タイトルとURLをコピーしました