自然体験活動

手稲さと川探検隊の活動

オオウバユリを味わおう”オントレプ”づくり

(手稲さと川探検隊活動記録 2009.7.4~5)    手稲さと川探検隊はこれまで、地域の子ども達の自然体験の場づくりを主な目的として手稲の川と手稲山麓の森で生きもの調べなどを行なってきました。 その中で、この北海道の自然の中で育まれたアイヌ文化に自然とのつき合い方を学ぶことが大切と考え、これまで勉強会なども開催してきました。先月は実際に植物を採取して、アイヌ文化の中での自然からいただくという姿勢にに想いを馳せながら、感謝して味わいました。 今回はついに念願叶い、アイヌが重要な食材としていたオオウバユリを採取、白老町めむの会協力会員の安田千夏さん(アイヌ民族博物館元学芸員)から学びながら加工して、食べてみることにしました~。 手稲コミュニティーセンターに集合。まずは安田さんから、アイヌの昔と今の暮らしや自然との接し方、アイヌ語の発音、そしてオオウバユリのこと、加工して保存食にするオントゥレプの話など聴かせてもらいました。 そしていよいよオオウバユリの球根採取に出かけます。採るのは、花茎の上がっていない球根です(6年くらいで...
保全活動

カエデ樹液採取~裏山メープルシロップづくり

市販されているメープルシロップ、だいたいはカナダの国旗サトウカエデの樹液を煮詰めてつくったもので、まあまあ高額だけど、身体にも良い甘味料ということで、人気がある。 北海道の雑木林にもたくさん生えているカエデの「イタヤカエデ」の樹液も、煮詰めると市販のメープルシロップよりもスッキリした上品な感じの甘みを感じる、上等なメープルシロップになるんだよね。 手稲さと川探検隊では、随分前からこの時期(2月下旬~3月中旬)手稲山の麓の、通称「稲雲の森」にスノーシューを履いて入って、ペットボトルで作った樹液採りを設置して、ついでにソリや雪遊びもして、何なら雪の林内でお昼ご飯まで食べて楽しむ。また採れたての樹液は、殆ど甘みを感じないんだけど、この水でコーヒーを淹れると、ホント甘みがあって美味い!きっとミネラルとかも豊富で、身体にも良いのかなぁ。 今年も月末24日土曜日に「カエデ樹液採取とソリ遊び」という恒例イベントを開催するので、1週間前に下見に行って、樹液採取を3つだけ仕掛けてきた。 イタヤカエデが樹...
手稲さと川探検隊の活動

ついに ソーラクッカー 活躍

今日の自然体験イベントで、10数回目のトライアルで初めて晴れ、ソーラークッカーが見事に活躍した。
手稲さと川探検隊の活動

手稲さと川探検隊 スタッフMFA講習

手稲さと川探検隊コアスタッフ全員が、2年に1度更新のMFAチャイルドケアプラス講習(救急法メディック・ファーストエイド)を受けた。
手稲さと川探検隊の活動

手稲さと川探検隊ハンドブック改訂版完成

今年で(なんと)19年目の手稲さと川探検隊、生きものハンドブック第2版が底をついたので、北海道e-水プロジェクトの助成を頂いて、ほんの少し改訂して印刷しました。
2023.03.26
手稲さと川探検隊の活動

手稲さと川探検隊 晩秋の森歩き

手稲さと川探検隊 晩秋の森歩きの活動を2,022年10月30日(日)に、手稲パラダイスヒュッテ周辺で開催した。
2023.03.26
タイトルとURLをコピーしました